会社案内

代表の鎌田照男は種子島・中種子町の出身で、機能性農畜水産物の事業に35年間携わってきました。

その蓄積されたノウハウを活かし、種子島産さとうきび・紫芋・安納芋など、機能性を兼ね備えた農産物に加え、枕崎産・カツオ由来の未利用部位や鹿児島県産・豚由来の未利用部位など、豊富な農畜水産物の「未利用部位の有効利用」を含めた、製品の企画開発・生産・加工製造・販売を行っている鹿児島の会社です。

今後、機能性農畜水産物加工品について、ヒトモニター試験等のデータを取得し、より良い商品をお客様へ届けられるように尽力して参ります。

鎌田照男


経営理念 『人と地球の健康を創造し、地域社会に貢献する事』
会社名 トーシン株式会社
所在地 〒890-0052
鹿児島県鹿児島市上之園町24-2 第12川北ビル6F
Tel:099-250-7787 / Fax:099-250-7781
設立 昭和48年3月
資本金 4,400万円
役員 代表取締役社長  鎌田 照男
事業内容・取扱品目
  • 機能性食品・健康食品の企画・開発・研究・製造及び販売
  • OEM供給・PB供給
  • 農産物の生産及び加工販売(さとうきび、紫芋、安納芋、他)
  • 本格焼酎「紫陽音」(むらさきはると)
関連会社 株式会社E&Cヘルスケア
産学官共同研究
  • 九州工業大学大学情報工学研究院物理情報工学研究系
  • 鹿児島大学理学部生命化学科有機生化学講座
  • 筑波大学大学院生命環境科学研究科
  • (独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
  • 鹿児島大学地域共同研究センター
  • 鹿児島県工業技術センター
  • 鹿児島県農業開発総合センター

 

幻の逸品「芳醇な香りと旨さ」 本格芋焼酎「紫陽音 むらさきはると」

世界中どこを探しても出会えない、おいしい本格焼酎を求めて造った幻の逸品「本格焼酎 紫陽音」は、2004年、ムラサキ芋を原料にワイン酵母仕込みの本格焼酎として誕生しました。しかしその後、一般流通することなく、幻の焼酎としてごく一部の限られたお客様にのみに愛飲されてきました。

通常、本格焼酎と言えばアルコール度数25度が定番ですが、私たちはさらなる高みを目指し、山元酒造のみなさまの協力のもと1度の奇跡を追求。25度では味わえない香りや香味、個性を引き出したのです。そうしてアルコール度数26度に仕上がったのが「本格焼酎 紫陽音」です。
熱狂的なファンの声にお応えして、限定先行発売をMakuakeにてスタートしております。
試飲会の感想も掲載しておりますので、よろしければご覧くださいませ。


新着情報

一覧を見る